アレックス氏に聞きました!〜スペイン・カタルーニャ指導者〜

(読みおわり目安:3分)

(対象:アンダー世代 コーチ・保護者の方)

こんにちはっけよい!もりもりでごわっす♪

…今回のテーマはこれ ↓

アレックス氏に聞きました!

〜スペイン・カタルーニャ指導者〜

彼が 日本の子どもたちに 伝えたかったことは?

くわしくはのちほど…

 

========================

出張レッスン募集中!

☆6月・7月、土日に空きあり!

【お問合せは、下記アドレスにメール、

 または、こちらのお問合せページより!】

[morimoribaske@gmail.com]

========================

 

(あとがき)

→ 東京・品川区へ!

GW中に開催された

エルトラック 特別クリニック』へ♪

スペイン・カタルーニャより、アレックス氏が来日!

アレックス・テレス氏って?】

★スペイン・バルセロナ出身

 

★教師生活のかたわら、コーチ活動

 

★スペインで初の

パーソナルスキル・

シューテイングアカデミーを設立

 

カタルーニャ州代表(U12・14)を指導

という方ですっ!

→ 今回は2日間にわたって、小・中学生を対象に、

★スペイン流オフェンス練習

というテーマで指導♪

練習内容・ムービーの様子は

エルトラックさん発信のレポートを!

こちらをクリック

→ この記事では、

・もりもり&他コーチが質問したこと

・子どもたちへの声がけ

をもとに、印象に残った“10の話”を書きます!

 

1、はじめに子どもたちとした約束

・分からないことがあったら、聞くこと

(混乱するような、

考える要素の多いメニューが用意されていた)

・なぜこの練習をするのか、

理解して取りくむことを大切に

楽しもう!

 

2、ドライブのイメージは“ザス”!

“ザス”とは、擬音のようなもの

(日本でいう、「ズバッ!」のイメージ)

いつ“ザス”するかを大切に

→ 道で信号をわたるときと同じ。

車が来ないかなって見たり、

どこにスペースがあるかを見つけること。

赤信号なら行けない。

 

(※45度、2カ所からの

ドライブメニュー中の声がけ。

子どもたちがスペースを

見ていないことに気づいたときに指摘)

 

3、スクリーンを教えるべき?

・カタルーニャでは、14才までは、

ノースクリーン、ノーゾンDF

(※日本ではU15は、ノーゾーンDF)

・まずはスクリーンを使わずに、

自分でアドバンテージをとれることを学ぶべき

(※↑アド…:有利・優越・リードのイミ)

・14才からは、仲間を使う

スクリーンプレー学べると良い

・もちろん14才以下で

スクリーンを使っても上達できるが、

その後に“自分でアドバンテージ”を

取れる力を身につけることは、難しいと思う

 

(※メニューの中では、スクリーンのような

仲間の合わせを使う動きはあった。

試合では使わないけど、メニューには入れるんだなぁ)

 

4、練習内容を見つめ直しましょう!

・レイアップを1,000回打たせるのか、

1,000個の状況で打たせるのかは違う

(もちろん後者がオススメ)

・もちろん、本当にまだ身についていない

初心者のような選手は、実行練習から始めてあげる

→ できるようになってきたら、認知・判断要素を

・とは言え、フォーカスしすぎない

→ スキルだけ、認知だけ、ではなく。

全てつながっているから

・練習中、プレーしている時間を計ってみるべき

→ 半分以下であれば、何か問題がある。

 

(たとえば、2時間の練習ならば、

1時間以上プレーしているべき、ということ)

実際に動いている時間が増えるように、工夫すべき

(待っている時間を減らすなど)

 

5、日本とスペインの子たちの違いは?

・日本は初めてだから一概に言えないが、

今回クリニックをしてみて感じたことを話す

・スペインの子たちは、もっと激しくやる

日本の子たちは、箱を作って、

その中でおこなっているイメージ

(型にはまっている、ということかなぁ)

・スペインでは、8才の年代からも、

“パス”などチームバスケットをしている

・今回会った子は、同じ子でも

“10”がマックスのスキルだとすれば、

ドリブルが8、パスが2など、その差に驚いた

(ドリブルスキルは高い、

パススキルは低いということかなぁ)

 

6、練習の頻度・年間計画は?

週3日、1時間30分

・練習前に、週3日間は

フィジカルトレーニング(1時間)をしている

・シーズン(年間)通しておこなう

骨格となる練習は、7・8種類あり

・どのような工夫、負荷を入れるかなど、

肉づけのしかたは色々

 

7、時間スケジュールは決めない

(メニューは何分やるべき、という質問に対し)

・時間を決めるコーチはいるが、わたしは決めない

・おこなったメニューが選手たちにとって、

簡単だったり、難しかったりするから。

その都度工夫するようにしている

 

8、メニューの組み方、これは良くない…

機械的にドリルをつくり出すのはよくない

・ゲームで起こりうることを抜き出すべき

・ゲーム中は何が起こるか分からない(カオス)

・例えば、オフェンス練習ならば、

“自由に動くヘルプDF”を

入れたりという工夫を入れても良い

 

9、みんなは自分自身のコーチになれる

・コーチに言われる以外にも、

自分にできることはたくさんある

ベストをつくすことを心がけよう!

・ベストを尽くすと、

上手になるだけでなく、

コートで何が起こっているか分かるようになる

 

10、“勝ち”と“成功”は違う!

・U14世代は、勝ち負けで浮き沈みしないことが大切

“ベストを尽くしたかどうか”に

モチベーションをおくと良い

・もちろん試合では、勝利を目指す

・しかし負けたとしても「オレらはやることやった。

相手が強かったんだ。」と思うこと

・スペイン保護者にうるさい人はいる!笑

・保護者に言われても、選手たちは負けても、

ずっと落ち込むことはなく

ベストを尽くしたからすぐに切り替えている

(ベストを尽くすこと=成功ということかなぁ)

…以上、“10”の話でした!

指導者・保護者の皆さん、参考になれば幸いです♪

子どもたちにバスケットを

より楽しんでもらえるようにしていきましょう(^^)

 

この学ぶ機会を与えていただいた、

エルトラックさんに改めて感謝です!

 

おわりに

このHP検索ラン(ページ下部)で

『聞きました』と検索すると、

過去のインタビュー集が見れますよ♪

ブログ、お楽しみくださいね!

 

感想や質問・意見は、

お問合せページ←より待っています!

 

…では〜、今回はこの辺で♪

閲覧いただき、感謝いたします(^ ^)

 

========================

 

P.S.

全国どこでも行きます!出張レッスン

空き日は以下!

【6月】

★1(土)→×

★2(日)→×

★3(月)→神奈川でだれでも参加OK!

★4(火)→×

★5(水)→×

★6(木)→×

★7(金)→神奈川でだれでも参加OK!

★8(土)→関東でOK!

★9(日)→関東でOK!

★10(月)→神奈川でだれでも参加OK!

★11(火)→関東でOK!

★12(水)→×

★13(木)→×

★14(金)→関東でOK!

( ※5/26時点)

(※以降も受付中!)

ご依頼は早いもの勝ちです!

ご検討くださいね(^ ^)

.

☆料金など、くわしくはこちらをクリック! 

参考ムービー

“とことん 楽しく”スキルアップできます!

【お問合せは、下記アドレスにメール

または→お問合せページ←より!】

[ morimoribaske@gmail.com ]

.

========================

.

【待望のDVD!好評発売中♪】

〜70のテクニック〜

★ご注文は→こちらをクリック←

画面の前でお会いしましょう(^^)

.

========================

.

★イベント出演・メディア取材依頼★

くわしくは→こちらをクリック←

〈ハイテンションパフォーマンス、

もりもりを呼びませんか?^ ^〉

.

========================

 

“もりもり☆メルマガ” 無料配信中!

〈読むだけでバスケットがうまくなる!?〉

LINE版→こちらをクリック←

(QRコードで友達追加してください)

メールアドレス版→こちらをクリック←

..

========================

 

★ここまでお読みいただき

感謝いたします!★

・感想

・質問

・意見

・記事リクエスト.

お待ちしております♪

お問合せページ←より